マーケティング

そのUSPではお客さんは来ませんよーー。

そのUSPではお客さんは来ませんよー。

photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc USPの説明はいりませんよね?なんだっけという方は「集客力とは?」をもう一度読んでから戻ってきてください。さて、本題にもどります。あなたのUSPはなんですか?そんな質問に明確な回答をお持ちの飲食店のクライアントも増えてきました。とてもいいことです。が、実に売り手目線のUSPが多い…。個室で接待に最適です?人数に応じて個室をご用意します?◯◯円で飲み放題食べ放題?これらはお客さんが望んであなたのお店を選ぶ直接のキッカケになるのでしょうか?


○○とは? マーケティング

携帯キャリアのMNPと飲食店のクーポンって似たような感覚で盲目的になりやすいよ!

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略語で携帯電話の番号を変えずにキャリアだけを変更できるサービスです。各キャリアの代理店毎に金額は異なるものの、新規顧客を獲得するために現金あげるからという変えちゃいなよ!と誘惑してきます。1台あたり5~6万円のキャッシュバックを掲げているところもあるので、揺らいじゃいますよね。特に日本の三大キャリアでiPhoneが発売になると、どのキャリアもこぞってウチに来て来てキャンペーンをうたっております。繋がりやすいとか早いとかエリアとか強みはそれぞれのようですが…。MNPの施策から飲食店のクーポン依存について考えてみます。


マーケティング

ロナウジーニョは走らないし守備もやんないけど必要なんです!

photo by Karpati Gabor via morgueFile free photos TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ2013はヨーロッパチャンピオンのバイエルンが制しましたね。今年は地元のモロッコ王者が決勝に進出するといった波乱もありましたが、注目は全盛期を過ぎたと言われているアトレチコ・ミネイロの“ロナウジーニョ”がどれだけ活躍出来るかでした(私だけ?)。 左膝の故障から2ヶ月での復帰ということもあり精彩は欠きましたというか全く走らない…。バルセロナ時代からですが、守備への貢献もほぼナシ…。こんな選手必要なのかと疑問さえ湧いてきました。パスミスも多いし、全盛期のような観客を魅了するプレーもほぼありません。 しかし、サッカーというスポーツは得点を上げなければどんなに守備力が高くても勝てません。そこで、ロナウジーニョはFKで2試合連続のゴールという結果をきちんと出しています。フリーキックという絶対的な武器においては、日本の中村俊輔も同様にイングランドスコットランドで結果を出してきました。 90分守れる守備力があるのであれば、フリーキックで得点が上げられるというのはこの上ない“武器”となります。だからロナウジーニョはなくてはならない選手なのです。走れなくてもです。守備をしなくてもです。


マーケティング

自分が選んだお店だと思っていたのに、実は選ばされていた?! 的な飲食店の2つの心構え

photo by  JessicaGale ( http://www.morguefile.com ) あなたが通っているお店があればイメージしてみてください。 なぜ、そのお店に通っているのですか? 雰囲気が好き、スタッフが友達、味が好み、安い、話題になっている… 様々な理由がありますが、その根底にあるのは『自分にとっては価値があるから』ではないですか?似たような雰囲気、似たような味、同じくらいの価格…そんな店は他にも数多あります。 では、なぜ? このように、自分でお店を選んでいるように思えていますが実は選ばされていたということがよくあります。特にマーケティングを徹底的に勉強し、実践しているお店ならなおさらです。そのような、お店の特徴を2つご紹介します。


マーケティング

ゆるキャラが教えてくれた飲食店の生き残り術は“オンリーワン”になること。

photo by  mconnors ( http://morgueFile.com ) 様々な企業や地方自治体が取り組んでいる「ゆるキャラ」によるPR活動。その起源はみうらじゅんさんと言われています(Wikipedia調べ)。 2010年に初めて開催されたゆるキャラグランプリですが、彦根市のキャンペーンということもあってか地元の「ひこにゃん」が優勝しています。その後全国規模で行われた2011年 第二回 ゆるキャラグランプリ 「くまモン」の経済効果は1000億円といわれる(XBAND-経済効果は1000億円!? なぜくまモンは大ヒットしたのか?)が、2012年 第三回 ゆるキャラグランプリの「バリィさん」はどうでしょう?最近ではゆるキャラがバンドを結成なんてのもありましたが、個人的にはもうどうでもいいレベルになりました。世界遺産にも登録されている日本で一番高い富士山の高さは知っていても二位の北岳(南アルプス)の高さはあまり知られていません。ちなみに北岳の高さは31…ググってください…。


マーケティング

銀座松屋のダセーよ福袋は、実は、ものすごいマーケティング戦略だった!

photo by lesterp4 (http://morguefile.com) 先日、銀座松屋の福袋の社内選考会の模様がニュースに取り上げられていた。その大半が今年の流行語大賞にノミネートされているであろうワードの乱立には驚きました。いゃ呆れた。 いつ買うの?今でしょ?! クールビズ福袋 じぇじぇ!岩手の味福袋 10倍返しだ!福袋 「10倍返しだ!」「じぇじぇ!」福袋登場-日テレNEWS24 これ、本気で売れると思ったのか?とあまりのレベルの低さに愕然としたのです。今更言うのも恥ずかしいわぃというおなじみのワードをつけただけじゃん!と思っていました。いました。そう、実は違ったのです。


○○とは? マーケティング

『集客力』とは?

これまで、様々メディアに膨大な広告費を使い宣伝活動をすることで“集客”に尽力を注いできたと思います。 あまりに高額な広告費ですので小さな飲食店が行うのは、ほぼ不可能でした。 しかし、これからはインターネットを活用したソーシャルメディアでのPRや低コストで始められるPR活動が主力になりますので、小さな飲食店でも気軽に集客のための宣伝活動ができるようになります。 そこで、見直していかなければならないのが『集客力』なのです。