プロモーション マーケティング

新規客の獲得ばっかり頑張っていたら、しんどくないですか?

新規客獲得ばかりは疲れませんか?

photo credit: rikishi via photopin cc 今、繁盛している飲食店は、常に新しいお客さんが次々に来店しています。アイツが行った方がいいって力説するからさー。雑誌で取材されてるの観て気になってたんだー。Facebookで話題になってたんで行ってみることにした。ココに来たってFacebookに投稿するとオシャレな自分ブランディングに使えるんだよねww。それぞれキッカケや想いはあるでしょうが、新規客を集めるだけのプロモーションはしんどいですよね。もちろん新規のお客さんが増えていく事は重要ですし未来永劫その活動は必要です。が、繁盛している飲食店のお客さんの8割は「なじみの客」なのです。


マーケティング

「ドラクエ徹夜でむっちゃやっとったわー」な飲食店は繁盛している説

photo credit: Curt Fleenor Photography via photopin cc ドラクエって知ってます?(愚問) 説明いるかな?RPGのドラクエです。やったことない人が仮にいたら、TSUTAYA行って買ってプレイしてみてください。旅に出てください。笑 私は正直ファイナルファンタジー派です。クロノトリガーとかも好きでした。ドラクエは釣りか?とか言われそうだな…。ホントはドラクエ派です!(キッパリ)


プロモーション マーケティング

動画ならなんでもいいってわけじゃないよ。特に料理。

飲食店の動画はなんでもいいってわけじゃない

photo  clarita via morguefile 「2014年は動画の年」といわれ、いろんなところで動画を見かけるシーンが増えました。以前書いた「アナと氷の女王」のヒットも動画の功績です。Facebookでも動画の投稿がどんどん増えてきています。動画もスマホひとつでサクッと作れちゃうし回線もどんどん高速化していくのでストレスなく視聴できます。ストレスなく視聴できるインフラが整備されたということが一番の功績かもしれませんね。にしてもコンテンツはやっぱり重要です。


マーケティング

Amazonの「こんな商品も買っています」から学ぶ飲食店のライバル店対策。

飲食店を選ぶ時には様々なメディアを参考にします。マーケティングでもSEOでも「競合対策」と呼ばれる比較検討されるライバル店のイベント内容や価格、接客スキルなどを調査しましょう!なーんて言われています。しかし、どこのお店と比較しているのか、そのお店と自分のお店の何を比較しているのかがズレていると対策自体が見当違いになってしまいます。お客さんが何を求めていて、どんな基準で飲食店を選んでいるのかを見える化して「そうそう!こーゆーサービスを探してたんよ!」と刺さるコトバと写真で自分のお店の魅力を伝えていきましょう。


プロモーション マーケティング

効果のある広告メディアって地域によって最適なタイミングがあるんだよ。

photo credit: tranchis via photopin cc 地方発信のメディアで一番のお気に入りは「iPhone女史」です。(何の告白だよw)気を取り直して…東京で話題のとかみんな使ってるとか新サービス!なんてのは基本的に都心部がメインです。インターネットが一般化している近頃でも利用しているユーザーに受け入れられて浸透するまでには、やはり地方は時間がかかっているのが現状です。全国メディアのアクセス数の大半は東京を中心とした都心部が占めています。なんで?そりゃ人が多いですもんww。その数値が自身のサービスに直結するのであればどこからアクセスしてもらっても特に問題はないです。が、飲食店てのは来てもらってなんぼです。どんなにアクセスしてもらっても美味しそーーっ行きたいねーーって盛り上がって終わりです。


プロモーション マーケティング

飲食店が宣伝広告メディアを選ぶ時にチェックする3つのポイント

photo credit: StockMonkeys.com via photopin cc グルメサイト掲載や雑誌広告などお店の集客宣伝をする時にどんなデータを参考にしていますか?メディアの営業マンは都合のいい資料を提供して契約してもらうのがお仕事です。果たして本当に参考となる資料を営業マンはもってきているのでしょうか?こういった数値のマジックは報道でも取り入れられている手法です。それは、最も多い数値を使うということです。ある災害の報道で死者は1人でも『 死者および重軽傷者 』にしてしまったらどうでしょう?軽傷者まで含んでいるので相当な数になります。これは注目してほしい!時の手法です。もちろん正しい情報は出しているのですが、規模を誤解してしまう危険性があります。まっ視聴率を稼いでるだけなんですけどね…。メディアから提供される資料やデータをじっくり参考して効率のいい集客宣伝をしていくために、これだけはおさえておきたい3つのポイントをチェックしておきましょう。


マーケティング

集客力のある飲食店って「ファン=ターゲット」ではないのよね。

ファンがターゲット層だとはかぎらない

photo credit: guidosportaal via photopin cc ターゲットがファンじゃないということではないです。ターゲットはもちろんファンでないと困ります。そうでなければUSPの見直しをしてください。その逆も真なりという考えでいくとファン=ターゲットのはずなのですが、集客力の高い飲食店はターゲットじゃないファンが多いです。例えば、私はEvernoteに毎日のミーティング内容を議事録として保管しています。その際使っているのはサードパーティーのFastEverというアプリです。このアプリは起動すると即座にメモ画面になります。写真も挿入できません。メモだけです。潔いです。何が言いたいんだ?


DTP WEB プロモーション マーケティング

ネット広告の告知はチラシやDMのアナログツールが効果的!

インターネットが個人に普及し始めてから20年。世界はスゴイ変化しています。手のひらでインターネットを楽しみお買い物ができちゃうなんて20年前の人は想像していたのでしょうか?ポストペットくらいで喜んでいたのが懐かしい。笑 総務省が公開しているインターネット白書によると、日本のインターネット普及率は79%、9652万人だそうですよ。20代から40代なんて95%を超えちゃってますから “ほぼ全員” といっても過言ではない状況です。ということはネット広告やっといた方がいいやん! な状況なのです。


WEB ○○とは? マーケティング

グロースハッカーって知ってる?あの早口の人でしょ!それ、クリス・タッカー…。

via fifth element (Chris Tucker) グロースハック(Growth Hack)なんともかっこいい横文字です。最近よく耳にするようになったこの「グロースハック」という単語。どういうことなのかご存知ですか?なにやら怪しげで悪いことするんでしょ的な響きです。それはハック = 不正アクセス = PCボカン!といった式で考えるからですよね。いえいえむしろ良いヤツです。一般的にハッカーと呼ばれている悪いことする人たちは「クラッカー」が正式名称ですから。


マーケティング

ゆるキャラが教えてくれた飲食店の生き残り術は“オンリーワン”になること。

photo by  mconnors ( http://morgueFile.com ) 様々な企業や地方自治体が取り組んでいる「ゆるキャラ」によるPR活動。その起源はみうらじゅんさんと言われています(Wikipedia調べ)。 2010年に初めて開催されたゆるキャラグランプリですが、彦根市のキャンペーンということもあってか地元の「ひこにゃん」が優勝しています。その後全国規模で行われた2011年 第二回 ゆるキャラグランプリ 「くまモン」の経済効果は1000億円といわれる(XBAND-経済効果は1000億円!? なぜくまモンは大ヒットしたのか?)が、2012年 第三回 ゆるキャラグランプリの「バリィさん」はどうでしょう?最近ではゆるキャラがバンドを結成なんてのもありましたが、個人的にはもうどうでもいいレベルになりました。世界遺産にも登録されている日本で一番高い富士山の高さは知っていても二位の北岳(南アルプス)の高さはあまり知られていません。ちなみに北岳の高さは31…ググってください…。