プロモーション マーケティング

無料のサービスは魅力的だが、時間と労力というコストはかかっている。

無料サービスでは限界がある話

販促をするならできるだけ費用がかからない方法を選ぶのは常套手段です。そりゃそうです。経費をかけずにお客さんがバンバン来てくれる!というのが理想ですし、それは妄想かもしれませんし、空想かもしれません。PRせずにお客さんがどうやって知ってくれるのでしょうか?たくさんのお客さんが来てくれるまで仕入れをして、知人が数人来るか来ないかの毎日をどれだけ過ごすのでしょうか?そのうちクチコミで広がってお客さんが来ると思うんですよ。マジで言っているのか不安になりますが、実際少なくはないです。よく聞きます。広告の営業にいくと、結構います。断る口実を含めても来年にはお店が存在するかも怪しいものです。


プロモーション マーケティング

新規客の獲得ばっかり頑張っていたら、しんどくないですか?

新規客獲得ばかりは疲れませんか?

photo credit: rikishi via photopin cc 今、繁盛している飲食店は、常に新しいお客さんが次々に来店しています。アイツが行った方がいいって力説するからさー。雑誌で取材されてるの観て気になってたんだー。Facebookで話題になってたんで行ってみることにした。ココに来たってFacebookに投稿するとオシャレな自分ブランディングに使えるんだよねww。それぞれキッカケや想いはあるでしょうが、新規客を集めるだけのプロモーションはしんどいですよね。もちろん新規のお客さんが増えていく事は重要ですし未来永劫その活動は必要です。が、繁盛している飲食店のお客さんの8割は「なじみの客」なのです。


プロモーション マーケティング

動画ならなんでもいいってわけじゃないよ。特に料理。

飲食店の動画はなんでもいいってわけじゃない

photo  clarita via morguefile 「2014年は動画の年」といわれ、いろんなところで動画を見かけるシーンが増えました。以前書いた「アナと氷の女王」のヒットも動画の功績です。Facebookでも動画の投稿がどんどん増えてきています。動画もスマホひとつでサクッと作れちゃうし回線もどんどん高速化していくのでストレスなく視聴できます。ストレスなく視聴できるインフラが整備されたということが一番の功績かもしれませんね。にしてもコンテンツはやっぱり重要です。


WEB プロモーション マーケティング

「アナと雪の女王」のPR戦略はYouTubeを活用した共感のマーケティングだった!

credit : disney.co.jp ありの〜ままで〜♫今や2歳の娘ですら口ずさむアナと雪の女王の劇中歌ですが、まだ観てはいませんww。なのに知っています。興行収入も100億を超えアニメでは過去最高になりました。