プロモーション マーケティング

「本日のおすすめ」に旬の食材や料理を書いていませんか?

Photo credit: krosseel from morguefile.com 『店内に本日のオススメありますよ!』 居酒屋や小料理店など旬の食材を本日のオススメとしてグランドメニュー以外に提供しているお店によく見かける光景です。料理長のオススメや女将のオススメと応用編もあるようです。好みの日本酒を楽しみながら、大将今日のオススメって何?今日は金目のいいのが入ってますよ!おっいいねぇ。じゃ煮つけにしてもらえる?そんな粋な愉しみ方って憧れますねぇ(飲めないけど)。お店のオススメは間違いないという信頼がなければこんな会話はありません。中には、私の好みとか知ってんの?今日はそんな気分じゃないんですよ!とかなりねじ曲がってますが『本日のおすすめ』ではお客さんの心には響かないということなのです。


プロモーション マーケティング

食べログやぐるなびでアクセス数が上がる魅力的なPRタイトルのつくり方

アクセス数は少なくたって予約につながりゃいいんだ!もちろんそうです。毎日50アクセスあって、その全員が予約してくれたら最高です!ネット楽勝ーーーってなっちゃいます。ですが、そんな話聞いたことありません。月間300予約あるところでも月間アクセス数は5000。PVでも13000くらいあります。やっぱりアクセス数は多いに越したことはないということになります。お店のウェブサイトのアクセス数を上げるとなるとSEO的な話も必要なので、今回は食べログやぐるなびといった販促メディアでのアクセス数を上げるにはコツがあるよって話です。ずっと同じものを使っていたり他の店舗と似たような文章になっていませんか?目的を達成(ここでは予約や問い合わせ)できるような文章でしょうか?って話です。


プロモーション マーケティング

効果のある広告メディアって地域によって最適なタイミングがあるんだよ。

photo credit: tranchis via photopin cc 地方発信のメディアで一番のお気に入りは「iPhone女史」です。(何の告白だよw)気を取り直して…東京で話題のとかみんな使ってるとか新サービス!なんてのは基本的に都心部がメインです。インターネットが一般化している近頃でも利用しているユーザーに受け入れられて浸透するまでには、やはり地方は時間がかかっているのが現状です。全国メディアのアクセス数の大半は東京を中心とした都心部が占めています。なんで?そりゃ人が多いですもんww。その数値が自身のサービスに直結するのであればどこからアクセスしてもらっても特に問題はないです。が、飲食店てのは来てもらってなんぼです。どんなにアクセスしてもらっても美味しそーーっ行きたいねーーって盛り上がって終わりです。


マーケティング

集客力のある飲食店って「ファン=ターゲット」ではないのよね。

ファンがターゲット層だとはかぎらない

photo credit: guidosportaal via photopin cc ターゲットがファンじゃないということではないです。ターゲットはもちろんファンでないと困ります。そうでなければUSPの見直しをしてください。その逆も真なりという考えでいくとファン=ターゲットのはずなのですが、集客力の高い飲食店はターゲットじゃないファンが多いです。例えば、私はEvernoteに毎日のミーティング内容を議事録として保管しています。その際使っているのはサードパーティーのFastEverというアプリです。このアプリは起動すると即座にメモ画面になります。写真も挿入できません。メモだけです。潔いです。何が言いたいんだ?


マーケティング

あの雑誌マジ反響ねーわっ!と怒る前に知っておくべき3つの間違い。

photo by  Karpati Gabor ( http://morguefile.com ) ちまたにあふれる様々なメディア。雑誌、フリーペーパー、チラシ、テレビCM、電車やバスの中吊り広告、グルメサイト、駅前看板…などなど。どんなメディアにどんな内容を載せていますか? 雑誌に広告を載せたけど、ちっとも反応がない!あの雑誌はダメだ!今度は別の雑誌に載せるぞ!いやネットだな。待てよ?まだまだテレビCMもいいんじゃないか? なんて話をよく耳にします。でも、ちょっと待ってください。実際は3つの間違いをおかしているだけかもしれませんよ。もう一度チェックして間違ったメディアの使い方をしてないか考えてみてください。 ①そのメディアのユーザーがあなたのお店のターゲットじゃなかった ②ターゲットが求めている情報を出していなかった ③そもそもあなたの店に魅力がない でも、それどうやって判断すんの? 1つずつみていきましょう。


マーケティング

銀座松屋のダセーよ福袋は、実は、ものすごいマーケティング戦略だった!

photo by lesterp4 (http://morguefile.com) 先日、銀座松屋の福袋の社内選考会の模様がニュースに取り上げられていた。その大半が今年の流行語大賞にノミネートされているであろうワードの乱立には驚きました。いゃ呆れた。 いつ買うの?今でしょ?! クールビズ福袋 じぇじぇ!岩手の味福袋 10倍返しだ!福袋 「10倍返しだ!」「じぇじぇ!」福袋登場-日テレNEWS24 これ、本気で売れると思ったのか?とあまりのレベルの低さに愕然としたのです。今更言うのも恥ずかしいわぃというおなじみのワードをつけただけじゃん!と思っていました。いました。そう、実は違ったのです。


DTP

残念なプレゼンに学ぶDMやチラシに使える5つのチェックポイント

先日、宅地建物取引主任者の法定講習(5年に一度)をうけ主任者証の更新をしてきました。講習会はプロジェクターを使用したプレゼン形式で進められたのです。プロジェクターで表示される資料は、ほぼ文字情報のみといった内容で講演者は「ご覧のように…」という重要な項目が何なのかがよくわからないまま進められていったのです。さらにプレゼンに使った資料の配布はナシ。結局何が言いたいのかわからないまま時間が過ぎていきました。 しかし、このようなダイレクトメールやチラシはよく見かけます。何のお知らせなのかよくわからない「詰め込み型チラシ」です。 ある情報の告知をしようと思いダイレクトメールを作成しはじめたところ、それならこれも入れとくか。そしたらこの情報も載せといた方がいいんじゃない?じゃついでにこれも…なんてうちにゴチャゴチャとしたダイレクトメールができあがります。 ひとつの情報を載せてもたくさんの情報を載せても同じコストならばいっぱい載せときたい! うんうん。わかります。 しかし、それで伝えたいことが伝わらなければコストかけた分が全て無駄になってしまいませんか? 外食業界では根強く活用されてるダイレクトメールやチラシ。その反響率を上げる5つのチェックポイントを確認しておきましょう。