○○とは? マーケティング

携帯キャリアのMNPと飲食店のクーポンって似たような感覚で盲目的になりやすいよ!

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

2014-02-22 13.47.50

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略語で携帯電話の番号を変えずにキャリアだけを変更できるサービスです。各キャリアの代理店毎に金額は異なるものの、新規顧客を獲得するために現金あげるからという変えちゃいなよ!と誘惑してきます。1台あたり5~6万円のキャッシュバックを掲げているところもあるので、揺らいじゃいますよね。特に日本の三大キャリアでiPhoneが発売になると、どのキャリアもこぞってウチに来て来てキャンペーンをうたっております。繋がりやすいとか早いとかエリアとか強みはそれぞれのようですが…。MNPの施策から飲食店のクーポン依存について考えてみます。

MNPで新規顧客になったら人はMNPで出ていく顧客だと心得る

現金欲しさにMNPしてきた新規顧客は要注意です。期限つき顧客と考えるのが当然でしょう。特にどのキャリアでも良かったので一番キャッシュバック額の高いところを選びました。で、2年縛りが切れる頃には別のキャリアにMNPして、またキャッシュバック受けますよーーっていうお客さんです。もちろん2年間は通信料をもらうので期限付きでもいいのかもしれません。ただ、携帯キャリアは選択肢が多くありませんが飲食店は違います。同じエリアでも同じ業種でも星の数ほどありますので、選んでもらえないと死活問題なのです。クーポンで値引きするから来てねーーというお客さんは、もちろんもっとお得なクーポンを見つけたらそっちに行っちゃうお客さんなのです。じゃウチはもっと……。利益が減るだけです。

 

なぜMNPして顧客になったのかが重要

私はauユーザーです。理由は変な機種ばかり扱っていたからです。現在もiidaブランドやisaiなどちょっと変わっていますが、以前ほどずば抜けてはいないなと感じてもいます。MNPしてそのキャリアを選びたい理由がキャッシュバックだけだと、2年後も引き続き利用してくれるかどうかなんてわかりません。そのキャリアにしたかった明確な理由があって、たまたまキャッシュバックが使えたお客さんは2年後も引き続き利用してくれるでしょう。あくまでキャッシュバックはオファー(←敷居の低い入口)でなければなりません。クーポンを利用して来てくれたお客さんがクーポンがなくてもリピートしてくれるお客さんになるかどうか?それには、飲食店それぞれのUSPが重要になります。他店では実現できないサービスがあるとか、リピート客限定のプランがあるとか…。この店、また来たい!いくらでも出すよ!と言われるような価値を提供していく必要があります。

 

LTVという考え方

LTVとは、Life Time Vlueの略語で、簡単に言うと、生涯どれくらいの価値をもたらしてくれるかってことです。飲食店だけでなく商売をしている人は “ 儲けたい ” と思っています。そりゃそうでしょ…。儲けるためには良質なサービスを提供するか騙すかしかありません。自分のお店に共感してもらって長い付き合いをしてくれるお客さんを良質なサービスでもてなすことで儲けさせてくれます。クーポンはどこよりもお得だけど、接待とか祝い事の宴席では使えないよね…というお店を目指すよりクーポンとかないけど通いたいお店を目指す方がサービスも断然良いモノが提供できるはずです。クーポンは広告効果が分かりやすいので依存しがちですが、実はクーポンを利用してくれた人が何人リピートするか?何回リピートするかの方がもっともっと重要なのです。

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket