マーケティング

ロナウジーニョは走らないし守備もやんないけど必要なんです!

LINEで送る
Pocket

_DSC4301
photo by Karpati Gabor via morgueFile free photos

TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ2013はヨーロッパチャンピオンのバイエルンが制しましたね。今年は地元のモロッコ王者が決勝に進出するといった波乱もありましたが、注目は全盛期を過ぎたと言われているアトレチコ・ミネイロの“ロナウジーニョ”がどれだけ活躍出来るかでした(私だけ?)。

左膝の故障から2ヶ月での復帰ということもあり精彩は欠きましたというか全く走らない…。バルセロナ時代からですが、守備への貢献もほぼナシ…。こんな選手必要なのかと疑問さえ湧いてきました。パスミスも多いし、全盛期のような観客を魅了するプレーもほぼありません。

しかし、サッカーというスポーツは得点を上げなければどんなに守備力が高くても勝てません。そこで、ロナウジーニョはFKで2試合連続のゴールという結果をきちんと出しています。フリーキックという絶対的な武器においては、日本の中村俊輔も同様にイングランドスコットランドで結果を出してきました。

90分守れる守備力があるのであれば、フリーキックで得点が上げられるというのはこの上ない“武器”となります。だからロナウジーニョはなくてはならない選手なのです。走れなくてもです。守備をしなくてもです。

自分の武器を研ぎすます。

ロナウジーニョの最大の武器はフリーキックです。では、飲食店の武器とは何か?焼鳥ならあの店、スウィーツならあそこ、ランチはここかあの店、普段飲みなら3軒くらいあるな…、そして、とっておきはやっぱりあそこか…いや、こっちの方が評判は良かったな…。じゃ接待はこっちか?などお客さんにポジショニングされています。大手フランチャイズ店にはフランチャイズ店の洋食店には洋食店の小料理店には小料理店のポジションがあります。

今日はワインを飲みながらパスタやピザなんか軽めでいいな…と考えている人に“ブレッド食べ放題”は刺さりません。それよりは“ワイン飲みくらべセット”の方が武器となります。普段は吉野家でランチを済ませる人がランチミーティングで吉野家は選びません。個室の和食店はそのシーンにおいては“個室”という武器を発揮します。

私はホテルで提案されている宴会プランを利用した事がありません。だだっ広いホールに並べられたテーブルで食べる和食?あまり興味がわきません。しかしこれが会社単位のイベントや慰労会、式典となるとどうでしょう。途端にホテルでないといけなくなります。この場合は“ステージ”や“広い空間”が大きな武器となります。

 

武器は磨いたら3Wで魅了しましょう。

どんなにいい武器を持っていてもゴールの方向に向かっていなければ全く意味がありません。ロナウジーニョがフリーキックをゴールの方向とは全く違う方向に蹴っていたら?サポーターからのブーイングはハンパないです。ブーンイングで済めば御の字級の大罪です。自分のお店が持っている“武器”をゴールの方向に向けるためのPRは3W(When、Who、What)に注力します。3R(ロナウド、リバウド、ロナウジーニョ)ではありません。ホテルの宴会プランのPRは企業の総務課に届くようにすべきですし、ランチミーティングであれば営業課や企画室に届けるべきでしょう。スウィーツなら女性スタッフの方が効果的ではないでしょうか?

自分の武器(What)をどんな人(Who)に届けたらいいのか?
それはどんなシーンやタイミング(When)に利用すると満足してもらえるのか?

キラキラネイルのことに興味がある人にサッカーのプレーで魅了出来るかは疑問です。ロナウジーニョならできるかも…笑。サッカーファンには「そこ通すのかよーーー!」といったプレーで魅了出来るポイントがたくさんあります。「なんちゅうトラップやねん!」「そこで切り返すんかーー!」とか。それくらい「誰に」という項目は重要になります。

 

FWなのかMFなのか。

ロナウジーニョはFWです。現代のサッカーではFWも守備を求められますが、ロナウジーニョは守備をほとんどしません。自分のポジションは“点を獲ること”に特化しているからです。みなさんは自分のポジションはどこなのか明確化していますか?このポジションは相対的な考えですので他店からみた自分のお店のポジション、他のスタッフからみた自分のお店の中でのポジションなど色々と当てはまります。ここでは、他店との比較からみる外部的ポジションで武器を考えてきました。焼鳥なら友人、同僚、恋人など近しい人と利用するでしょうし、誕生日や祝い事の特別な宴はどうでしょう?

ポジションはメインの軸では無理と思われる事をプラスすることで独自のポジションを確立することができます。そのポジションに競合がいなければ独占です。ウホッ♪ 独占であれば自然と集客力もあがるでしょう。FW不在のチームであればスタメンになる率も格段とあがります。

競合がやれない事とはなにか?
お店の武器を何かにプラスできないか?
業界では誰もやっていない些細なことはないか?
他店が持っていないノウハウを活かすにはどうするか?

食べログのジャンル検索をして、自分のお店と同じジャンルにいる他店の研究と自分のお店のポジションを考えてみてください。そしてそのポジションを必要としているお客さんは誰なのか?PRするタイミングは合っているか?自分の武器は通用するか?を考えてみましょう。

最後に、自分のお店は“スタメン”になれる力を持っているか?も忘れずに。

 

修正:中村俊輔が活躍したのはイングランドではなく、スコットランドでした。

LINEで送る
Pocket