プロモーション マーケティング

「本日のおすすめ」に旬の食材や料理を書いていませんか?

Photo credit: krosseel from morguefile.com 『店内に本日のオススメありますよ!』 居酒屋や小料理店など旬の食材を本日のオススメとしてグランドメニュー以外に提供しているお店によく見かける光景です。料理長のオススメや女将のオススメと応用編もあるようです。好みの日本酒を楽しみながら、大将今日のオススメって何?今日は金目のいいのが入ってますよ!おっいいねぇ。じゃ煮つけにしてもらえる?そんな粋な愉しみ方って憧れますねぇ(飲めないけど)。お店のオススメは間違いないという信頼がなければこんな会話はありません。中には、私の好みとか知ってんの?今日はそんな気分じゃないんですよ!とかなりねじ曲がってますが『本日のおすすめ』ではお客さんの心には響かないということなのです。


プロモーション マーケティング

食べログやぐるなびでアクセス数が上がる魅力的なPRタイトルのつくり方

アクセス数は少なくたって予約につながりゃいいんだ!もちろんそうです。毎日50アクセスあって、その全員が予約してくれたら最高です!ネット楽勝ーーーってなっちゃいます。ですが、そんな話聞いたことありません。月間300予約あるところでも月間アクセス数は5000。PVでも13000くらいあります。やっぱりアクセス数は多いに越したことはないということになります。お店のウェブサイトのアクセス数を上げるとなるとSEO的な話も必要なので、今回は食べログやぐるなびといった販促メディアでのアクセス数を上げるにはコツがあるよって話です。ずっと同じものを使っていたり他の店舗と似たような文章になっていませんか?目的を達成(ここでは予約や問い合わせ)できるような文章でしょうか?って話です。


プロモーション マーケティング

無料のサービスは魅力的だが、時間と労力というコストはかかっている。

無料サービスでは限界がある話

販促をするならできるだけ費用がかからない方法を選ぶのは常套手段です。そりゃそうです。経費をかけずにお客さんがバンバン来てくれる!というのが理想ですし、それは妄想かもしれませんし、空想かもしれません。PRせずにお客さんがどうやって知ってくれるのでしょうか?たくさんのお客さんが来てくれるまで仕入れをして、知人が数人来るか来ないかの毎日をどれだけ過ごすのでしょうか?そのうちクチコミで広がってお客さんが来ると思うんですよ。マジで言っているのか不安になりますが、実際少なくはないです。よく聞きます。広告の営業にいくと、結構います。断る口実を含めても来年にはお店が存在するかも怪しいものです。


プロモーション マーケティング

新規客の獲得ばっかり頑張っていたら、しんどくないですか?

新規客獲得ばかりは疲れませんか?

photo credit: rikishi via photopin cc 今、繁盛している飲食店は、常に新しいお客さんが次々に来店しています。アイツが行った方がいいって力説するからさー。雑誌で取材されてるの観て気になってたんだー。Facebookで話題になってたんで行ってみることにした。ココに来たってFacebookに投稿するとオシャレな自分ブランディングに使えるんだよねww。それぞれキッカケや想いはあるでしょうが、新規客を集めるだけのプロモーションはしんどいですよね。もちろん新規のお客さんが増えていく事は重要ですし未来永劫その活動は必要です。が、繁盛している飲食店のお客さんの8割は「なじみの客」なのです。


プロモーション マーケティング

動画ならなんでもいいってわけじゃないよ。特に料理。

飲食店の動画はなんでもいいってわけじゃない

photo  clarita via morguefile 「2014年は動画の年」といわれ、いろんなところで動画を見かけるシーンが増えました。以前書いた「アナと氷の女王」のヒットも動画の功績です。Facebookでも動画の投稿がどんどん増えてきています。動画もスマホひとつでサクッと作れちゃうし回線もどんどん高速化していくのでストレスなく視聴できます。ストレスなく視聴できるインフラが整備されたということが一番の功績かもしれませんね。にしてもコンテンツはやっぱり重要です。


WEB プロモーション マーケティング

「アナと雪の女王」のPR戦略はYouTubeを活用した共感のマーケティングだった!

credit : disney.co.jp ありの〜ままで〜♫今や2歳の娘ですら口ずさむアナと雪の女王の劇中歌ですが、まだ観てはいませんww。なのに知っています。興行収入も100億を超えアニメでは過去最高になりました。


プロモーション マーケティング

スタッフにお店の外でメニュー持ってウロウロ客引きさせるくらいならスタッフ自身を磨くべし!

photo credit: ian.crowther via photopin cc おにーさん!今日のお食事きまってますかー?今なら4名様ご案内できますよー!って風俗かっ!笑 予約がなく客の入りが悪い状況になると「表に行って客引いてこい!」ってことなんですね。でも、そんなお店行きます?私は行きません(キッパリ)。隣の居酒屋も向かいのフランチャイズ店もやってるし、それでお客さんが入っているんだ!よーーーし、ウチもやるぞーーー!ってなっちゃってるんでしょうが、なぜそんな思考に陥っちゃったのでしょうか?そんな事してもお客さんは来ないし、逆にイメージダウンになっていることに気づいていません。そんなお店に限って長期的なプランはありません。10年後こんなお店になりたいから今は客引きをしなきゃいけないんだ!(逆にその理論知りたいww)


プロモーション マーケティング

効果のある広告メディアって地域によって最適なタイミングがあるんだよ。

photo credit: tranchis via photopin cc 地方発信のメディアで一番のお気に入りは「iPhone女史」です。(何の告白だよw)気を取り直して…東京で話題のとかみんな使ってるとか新サービス!なんてのは基本的に都心部がメインです。インターネットが一般化している近頃でも利用しているユーザーに受け入れられて浸透するまでには、やはり地方は時間がかかっているのが現状です。全国メディアのアクセス数の大半は東京を中心とした都心部が占めています。なんで?そりゃ人が多いですもんww。その数値が自身のサービスに直結するのであればどこからアクセスしてもらっても特に問題はないです。が、飲食店てのは来てもらってなんぼです。どんなにアクセスしてもらっても美味しそーーっ行きたいねーーって盛り上がって終わりです。


プロモーション マーケティング

飲食店が宣伝広告メディアを選ぶ時にチェックする3つのポイント

photo credit: StockMonkeys.com via photopin cc グルメサイト掲載や雑誌広告などお店の集客宣伝をする時にどんなデータを参考にしていますか?メディアの営業マンは都合のいい資料を提供して契約してもらうのがお仕事です。果たして本当に参考となる資料を営業マンはもってきているのでしょうか?こういった数値のマジックは報道でも取り入れられている手法です。それは、最も多い数値を使うということです。ある災害の報道で死者は1人でも『 死者および重軽傷者 』にしてしまったらどうでしょう?軽傷者まで含んでいるので相当な数になります。これは注目してほしい!時の手法です。もちろん正しい情報は出しているのですが、規模を誤解してしまう危険性があります。まっ視聴率を稼いでるだけなんですけどね…。メディアから提供される資料やデータをじっくり参考して効率のいい集客宣伝をしていくために、これだけはおさえておきたい3つのポイントをチェックしておきましょう。


DTP WEB プロモーション マーケティング

ネット広告の告知はチラシやDMのアナログツールが効果的!

インターネットが個人に普及し始めてから20年。世界はスゴイ変化しています。手のひらでインターネットを楽しみお買い物ができちゃうなんて20年前の人は想像していたのでしょうか?ポストペットくらいで喜んでいたのが懐かしい。笑 総務省が公開しているインターネット白書によると、日本のインターネット普及率は79%、9652万人だそうですよ。20代から40代なんて95%を超えちゃってますから “ほぼ全員” といっても過言ではない状況です。ということはネット広告やっといた方がいいやん! な状況なのです。


WEB プロモーション マーケティング

飲食店がネット広告をやる前に知っておくべき3ステップ。

  photo by  Karpati Gabor via morgueFile freephoto 先日au春の新機種発表会がおこなわれました。どうやら2014年のauはファブレットに力を入れるそうです。フォンとタブレットの中間でファブレットらしいです。スマートフォンはスマホなのに…。ホブレットではないのか…。ここ2〜3年で急速に広がったスマホやタブレットにより小さな飲食店も積極的にネット広告を利用するようになってきました。そこで、ネット広告で失敗しない為にも魅惑的なネット広告に手を出す前に知っておくべきコトを考えてみました。新しい事をやってみる前に効果の期待出来る環境かどうかは重要です。