プロモーション マーケティング

「本日のおすすめ」に旬の食材や料理を書いていませんか?

Photo credit: krosseel from morguefile.com 『店内に本日のオススメありますよ!』 居酒屋や小料理店など旬の食材を本日のオススメとしてグランドメニュー以外に提供しているお店によく見かける光景です。料理長のオススメや女将のオススメと応用編もあるようです。好みの日本酒を楽しみながら、大将今日のオススメって何?今日は金目のいいのが入ってますよ!おっいいねぇ。じゃ煮つけにしてもらえる?そんな粋な愉しみ方って憧れますねぇ(飲めないけど)。お店のオススメは間違いないという信頼がなければこんな会話はありません。中には、私の好みとか知ってんの?今日はそんな気分じゃないんですよ!とかなりねじ曲がってますが『本日のおすすめ』ではお客さんの心には響かないということなのです。


プロモーション マーケティング

食べログやぐるなびでアクセス数が上がる魅力的なPRタイトルのつくり方

アクセス数は少なくたって予約につながりゃいいんだ!もちろんそうです。毎日50アクセスあって、その全員が予約してくれたら最高です!ネット楽勝ーーーってなっちゃいます。ですが、そんな話聞いたことありません。月間300予約あるところでも月間アクセス数は5000。PVでも13000くらいあります。やっぱりアクセス数は多いに越したことはないということになります。お店のウェブサイトのアクセス数を上げるとなるとSEO的な話も必要なので、今回は食べログやぐるなびといった販促メディアでのアクセス数を上げるにはコツがあるよって話です。ずっと同じものを使っていたり他の店舗と似たような文章になっていませんか?目的を達成(ここでは予約や問い合わせ)できるような文章でしょうか?って話です。


プロモーション マーケティング

無料のサービスは魅力的だが、時間と労力というコストはかかっている。

無料サービスでは限界がある話

販促をするならできるだけ費用がかからない方法を選ぶのは常套手段です。そりゃそうです。経費をかけずにお客さんがバンバン来てくれる!というのが理想ですし、それは妄想かもしれませんし、空想かもしれません。PRせずにお客さんがどうやって知ってくれるのでしょうか?たくさんのお客さんが来てくれるまで仕入れをして、知人が数人来るか来ないかの毎日をどれだけ過ごすのでしょうか?そのうちクチコミで広がってお客さんが来ると思うんですよ。マジで言っているのか不安になりますが、実際少なくはないです。よく聞きます。広告の営業にいくと、結構います。断る口実を含めても来年にはお店が存在するかも怪しいものです。


マーケティング

地域密着ビジネスは新規見込み客が永遠に続くと思ったら失敗する

地域密着ビジネスは新規見込み客が永遠に続くと思ったら失敗する

東京や大阪、福岡といったいわゆる都会では、人口が流動的な部分もあるので一概には言えませんが、地方では人口が増え続けるということはないと断言したい。そんな人口のパイが決まっているのに見込み客が永遠に続くはずもなく、そんなビジネスモデルの飲食店は早々に店を閉めることになるはずです。観光地は連日観光客が押し寄せているかというと休日以外は閑古鳥が鳴いている飲食店もたくさんあります。閑古鳥という鳥はいませんが。。。鳴かれたら気が滅入ってしまう恐ろしい鳥です。 飲食店は地域密着ビジネスの代表ともいえるビジネスです。たくさんの人に来てもらえるからいい食材も買えますし人員も増やしてサービスを高めることができます。では、これまでのビジネスモデルが通用しなくなるのであればどうすればいいのか?


○○とは?

やっぱ会計もクラウドだ!クラウド会計だ!(2回言ってみた)

クラウド会計ソフトfreee

東日本大震災以降、あちこちでクラウドクラウドと耳にします。私もファイルは基本クラウドサービスを利用しています。代表的なものではGoogleドライブ、Dropbox、Evernote、OneDriveなどなど…一体いくつアカウントもってんだよってくらいあります。 昨年から注目していて、導入実績もある「クラウド会計 freee」の認定アドバイザー講習を受けてやっぱクラウドだ!と感じたのでご報告。


マーケティング

今年もやっぱり銀座松屋の福袋はすごいマーケティング戦略だった!

ターゲットが使用する言葉を選ぶ

photo credit: The U.S. Army via photopin cc 2014年の銀座松屋の福袋は“オヤジ心”を熱くするものすごいマーケティング戦略でしたが、2015年も大いに熱くさせてくれそうです。2015年はどんなネーミングを用意するのか?ダメよ~ダメダメ!は絶対あるはずです。 あった…。


マーケティング

そのUSPではお客さんは来ませんよーー。

そのUSPではお客さんは来ませんよー。

photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc USPの説明はいりませんよね?なんだっけという方は「集客力とは?」をもう一度読んでから戻ってきてください。さて、本題にもどります。あなたのUSPはなんですか?そんな質問に明確な回答をお持ちの飲食店のクライアントも増えてきました。とてもいいことです。が、実に売り手目線のUSPが多い…。個室で接待に最適です?人数に応じて個室をご用意します?◯◯円で飲み放題食べ放題?これらはお客さんが望んであなたのお店を選ぶ直接のキッカケになるのでしょうか?


プロモーション マーケティング

新規客の獲得ばっかり頑張っていたら、しんどくないですか?

新規客獲得ばかりは疲れませんか?

photo credit: rikishi via photopin cc 今、繁盛している飲食店は、常に新しいお客さんが次々に来店しています。アイツが行った方がいいって力説するからさー。雑誌で取材されてるの観て気になってたんだー。Facebookで話題になってたんで行ってみることにした。ココに来たってFacebookに投稿するとオシャレな自分ブランディングに使えるんだよねww。それぞれキッカケや想いはあるでしょうが、新規客を集めるだけのプロモーションはしんどいですよね。もちろん新規のお客さんが増えていく事は重要ですし未来永劫その活動は必要です。が、繁盛している飲食店のお客さんの8割は「なじみの客」なのです。


マーケティング

「ドラクエ徹夜でむっちゃやっとったわー」な飲食店は繁盛している説

photo credit: Curt Fleenor Photography via photopin cc ドラクエって知ってます?(愚問) 説明いるかな?RPGのドラクエです。やったことない人が仮にいたら、TSUTAYA行って買ってプレイしてみてください。旅に出てください。笑 私は正直ファイナルファンタジー派です。クロノトリガーとかも好きでした。ドラクエは釣りか?とか言われそうだな…。ホントはドラクエ派です!(キッパリ)


プロモーション マーケティング

動画ならなんでもいいってわけじゃないよ。特に料理。

飲食店の動画はなんでもいいってわけじゃない

photo  clarita via morguefile 「2014年は動画の年」といわれ、いろんなところで動画を見かけるシーンが増えました。以前書いた「アナと氷の女王」のヒットも動画の功績です。Facebookでも動画の投稿がどんどん増えてきています。動画もスマホひとつでサクッと作れちゃうし回線もどんどん高速化していくのでストレスなく視聴できます。ストレスなく視聴できるインフラが整備されたということが一番の功績かもしれませんね。にしてもコンテンツはやっぱり重要です。


マーケティング

Amazonの「こんな商品も買っています」から学ぶ飲食店のライバル店対策。

飲食店を選ぶ時には様々なメディアを参考にします。マーケティングでもSEOでも「競合対策」と呼ばれる比較検討されるライバル店のイベント内容や価格、接客スキルなどを調査しましょう!なーんて言われています。しかし、どこのお店と比較しているのか、そのお店と自分のお店の何を比較しているのかがズレていると対策自体が見当違いになってしまいます。お客さんが何を求めていて、どんな基準で飲食店を選んでいるのかを見える化して「そうそう!こーゆーサービスを探してたんよ!」と刺さるコトバと写真で自分のお店の魅力を伝えていきましょう。


WEB プロモーション マーケティング

「アナと雪の女王」のPR戦略はYouTubeを活用した共感のマーケティングだった!

credit : disney.co.jp ありの〜ままで〜♫今や2歳の娘ですら口ずさむアナと雪の女王の劇中歌ですが、まだ観てはいませんww。なのに知っています。興行収入も100億を超えアニメでは過去最高になりました。


プロモーション マーケティング

スタッフにお店の外でメニュー持ってウロウロ客引きさせるくらいならスタッフ自身を磨くべし!

photo credit: ian.crowther via photopin cc おにーさん!今日のお食事きまってますかー?今なら4名様ご案内できますよー!って風俗かっ!笑 予約がなく客の入りが悪い状況になると「表に行って客引いてこい!」ってことなんですね。でも、そんなお店行きます?私は行きません(キッパリ)。隣の居酒屋も向かいのフランチャイズ店もやってるし、それでお客さんが入っているんだ!よーーーし、ウチもやるぞーーー!ってなっちゃってるんでしょうが、なぜそんな思考に陥っちゃったのでしょうか?そんな事してもお客さんは来ないし、逆にイメージダウンになっていることに気づいていません。そんなお店に限って長期的なプランはありません。10年後こんなお店になりたいから今は客引きをしなきゃいけないんだ!(逆にその理論知りたいww)


プロモーション マーケティング

効果のある広告メディアって地域によって最適なタイミングがあるんだよ。

photo credit: tranchis via photopin cc 地方発信のメディアで一番のお気に入りは「iPhone女史」です。(何の告白だよw)気を取り直して…東京で話題のとかみんな使ってるとか新サービス!なんてのは基本的に都心部がメインです。インターネットが一般化している近頃でも利用しているユーザーに受け入れられて浸透するまでには、やはり地方は時間がかかっているのが現状です。全国メディアのアクセス数の大半は東京を中心とした都心部が占めています。なんで?そりゃ人が多いですもんww。その数値が自身のサービスに直結するのであればどこからアクセスしてもらっても特に問題はないです。が、飲食店てのは来てもらってなんぼです。どんなにアクセスしてもらっても美味しそーーっ行きたいねーーって盛り上がって終わりです。


プロモーション マーケティング

飲食店が宣伝広告メディアを選ぶ時にチェックする3つのポイント

photo credit: StockMonkeys.com via photopin cc グルメサイト掲載や雑誌広告などお店の集客宣伝をする時にどんなデータを参考にしていますか?メディアの営業マンは都合のいい資料を提供して契約してもらうのがお仕事です。果たして本当に参考となる資料を営業マンはもってきているのでしょうか?こういった数値のマジックは報道でも取り入れられている手法です。それは、最も多い数値を使うということです。ある災害の報道で死者は1人でも『 死者および重軽傷者 』にしてしまったらどうでしょう?軽傷者まで含んでいるので相当な数になります。これは注目してほしい!時の手法です。もちろん正しい情報は出しているのですが、規模を誤解してしまう危険性があります。まっ視聴率を稼いでるだけなんですけどね…。メディアから提供される資料やデータをじっくり参考して効率のいい集客宣伝をしていくために、これだけはおさえておきたい3つのポイントをチェックしておきましょう。


マーケティング

お客さんは価格で選ぶと思っている飲食店は自分が価格で選んでいる事を忘れている。

お客さんは本当に価格で選んでいるのか?

photo credit: ]babi] via photopin cc 例えばビデオカメラを購入しようとする時に最初に見る項目なんですか?価格?本体サイズ?重さ?駆動時間?本体録画容量?メモリ?レンズ?望遠倍率?…など様々な項目があると思います。私の場合は駆動時間でした。1泊2日で旅行に行く際に持っていく予定であれば、充電器を持っていくかや予備のバッテリーが必要かどうかは重要です。子供の発表会や運動会などの撮影であれば6時間駆動してくれれば予備バッテリーも必要ありません。いやいやまずは価格だろ?!というあなたは自分が価格をみて損得を決めているということです。ズバリそーでしょーー(まるお風)。


マーケティング

集客力のある飲食店って「ファン=ターゲット」ではないのよね。

ファンがターゲット層だとはかぎらない

photo credit: guidosportaal via photopin cc ターゲットがファンじゃないということではないです。ターゲットはもちろんファンでないと困ります。そうでなければUSPの見直しをしてください。その逆も真なりという考えでいくとファン=ターゲットのはずなのですが、集客力の高い飲食店はターゲットじゃないファンが多いです。例えば、私はEvernoteに毎日のミーティング内容を議事録として保管しています。その際使っているのはサードパーティーのFastEverというアプリです。このアプリは起動すると即座にメモ画面になります。写真も挿入できません。メモだけです。潔いです。何が言いたいんだ?


マーケティング

飲食店でアルバイトするメリットなんて、ニャーいと思われているコトを知る。

photo credit: play4smee via photopin cc 学生アルバイトの定番であったはずの居酒屋やレストラン。今では、アルバイトが働きたくない業種No.1に輝くほど居酒屋などの飲食店でのアルバイトは人気がない。一方で、同じ飲食店でも働きたい業種No.3のカフェと何が違うのかを考えてみます。また、人材確保に困っていない飲食店があるのも事実。そこにヒントはないか事例も参考にしてください。


マーケティング

食べログ訴訟からみる飲食店集客力向上のヒント/この情報化社会でどこまで隠れられるのか?

個人的にも注目しています。 秘密の隠れ家だからネットに載せないで-。飲食店の情報投稿サイト「食べログ」にバーの写真などを掲載され損害を受けたとして、大阪市の飲食店経営会社が、掲載情報の削除と330万円の損害賠償を求めた訴訟。サイトを運営する「カカクコム」(東京)は19日の第1回口頭弁論で争う姿勢を示したが、無断掲載などをめぐってトラブルが相次ぐ「食べログ」。裁判が注目されている。 出典:ZAKZAK|隠れ家店「演出が台無し、載せないで」 相次ぐ食べログ訴訟の行方は? http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140220/dms1402201212013-n1.htm ユーザーのクチコミと飲食店の情報提供によるグルメサイトというポジションの食べログは現在どえらい利用者数とどえらいPV数です。サイトが大きくなればこういった訴訟がないわけでもないだろうなと思っています。だってグルメサイトって飲食店の広告なんで飾った情報ばっかりだったのに食べログだけチャレンジしてるもんね。


○○とは? マーケティング

携帯キャリアのMNPと飲食店のクーポンって似たような感覚で盲目的になりやすいよ!

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略語で携帯電話の番号を変えずにキャリアだけを変更できるサービスです。各キャリアの代理店毎に金額は異なるものの、新規顧客を獲得するために現金あげるからという変えちゃいなよ!と誘惑してきます。1台あたり5~6万円のキャッシュバックを掲げているところもあるので、揺らいじゃいますよね。特に日本の三大キャリアでiPhoneが発売になると、どのキャリアもこぞってウチに来て来てキャンペーンをうたっております。繋がりやすいとか早いとかエリアとか強みはそれぞれのようですが…。MNPの施策から飲食店のクーポン依存について考えてみます。


○○とは?

ママそら☆くまもとフェスティバルに参加して感じたニッチプラットホーム戦略の可能性

「ママそら」というプロジェクトをご存知ですか? 『ママそら』とはソーシャルメディアを通じてママ達を応援し、明るい未来を創造するプロジェクト だそうです。空のように広くという意味の「そら」とソーシャルを活用して自分磨きの研究をするという意味のソーシャルラボ(Social Lab)の頭文字をとった「そら」という二つの意味を持っているそうです。そのFacebookページでは6400人以上のいいね!が集まり、ママを中心に広がりを見せています。今回、縁あって第一回ママそら☆くまもとフェスティバルのお手伝いをすることになりましたが、すごい可能性を秘めたプロジェクトなので成功するといいなーと思っています。


DTP WEB プロモーション マーケティング

ネット広告の告知はチラシやDMのアナログツールが効果的!

インターネットが個人に普及し始めてから20年。世界はスゴイ変化しています。手のひらでインターネットを楽しみお買い物ができちゃうなんて20年前の人は想像していたのでしょうか?ポストペットくらいで喜んでいたのが懐かしい。笑 総務省が公開しているインターネット白書によると、日本のインターネット普及率は79%、9652万人だそうですよ。20代から40代なんて95%を超えちゃってますから “ほぼ全員” といっても過言ではない状況です。ということはネット広告やっといた方がいいやん! な状況なのです。


WEB プロモーション マーケティング

飲食店がネット広告をやる前に知っておくべき3ステップ。

  photo by  Karpati Gabor via morgueFile freephoto 先日au春の新機種発表会がおこなわれました。どうやら2014年のauはファブレットに力を入れるそうです。フォンとタブレットの中間でファブレットらしいです。スマートフォンはスマホなのに…。ホブレットではないのか…。ここ2〜3年で急速に広がったスマホやタブレットにより小さな飲食店も積極的にネット広告を利用するようになってきました。そこで、ネット広告で失敗しない為にも魅惑的なネット広告に手を出す前に知っておくべきコトを考えてみました。新しい事をやってみる前に効果の期待出来る環境かどうかは重要です。


WEB ○○とは? マーケティング

グロースハッカーって知ってる?あの早口の人でしょ!それ、クリス・タッカー…。

via fifth element (Chris Tucker) グロースハック(Growth Hack)なんともかっこいい横文字です。最近よく耳にするようになったこの「グロースハック」という単語。どういうことなのかご存知ですか?なにやら怪しげで悪いことするんでしょ的な響きです。それはハック = 不正アクセス = PCボカン!といった式で考えるからですよね。いえいえむしろ良いヤツです。一般的にハッカーと呼ばれている悪いことする人たちは「クラッカー」が正式名称ですから。


○○とは? マーケティング

ナントカ戦隊ナントカジャーってワンパターン!だけどずっと人気!を飲食店に置き換えてみる

via いらすとや 地球征服をもくろむ悪の軍団フントカとそれに立ち向かう若き戦士ナントカジャー。元祖ゴレンジャーから何代目なんでしょう?私が子供のころはパトルフィーバーJやデンジマン、サンバルカンといったところでしょうか…。カッコよくって友達と「俺レッドー」「じゃ俺ブルー」とか散々やってました。最近の戦隊モノは、ややコメディータッチになっている気がしますがそれでも基本パターンは同じです。戦士が遊んでいると怪人が登場し、悪さをして変身した戦士が数人だとやられるが、全員で力を合わせて退治。魔法で大きく生まれ変わった怪人を合体ロボットで撃退する。平和になる。これが毎週。しかも名前や形を変えて何十年もです。すごいことです。


マーケティング

ロナウジーニョは走らないし守備もやんないけど必要なんです!

photo by Karpati Gabor via morgueFile free photos TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップ2013はヨーロッパチャンピオンのバイエルンが制しましたね。今年は地元のモロッコ王者が決勝に進出するといった波乱もありましたが、注目は全盛期を過ぎたと言われているアトレチコ・ミネイロの“ロナウジーニョ”がどれだけ活躍出来るかでした(私だけ?)。 左膝の故障から2ヶ月での復帰ということもあり精彩は欠きましたというか全く走らない…。バルセロナ時代からですが、守備への貢献もほぼナシ…。こんな選手必要なのかと疑問さえ湧いてきました。パスミスも多いし、全盛期のような観客を魅了するプレーもほぼありません。 しかし、サッカーというスポーツは得点を上げなければどんなに守備力が高くても勝てません。そこで、ロナウジーニョはFKで2試合連続のゴールという結果をきちんと出しています。フリーキックという絶対的な武器においては、日本の中村俊輔も同様にイングランドスコットランドで結果を出してきました。 90分守れる守備力があるのであれば、フリーキックで得点が上げられるというのはこの上ない“武器”となります。だからロナウジーニョはなくてはならない選手なのです。走れなくてもです。守備をしなくてもです。


マーケティング

『かもしれない思考』こそ集客力を上げるお客様目線の第一歩!

photo by Alvimann ( morgueFile free photos ) 私は高校を卒業し、大学1年生の時に自動車の運転免許証を取得しました。父の車を借りて事故ったりこすったりしながら安全運転を学んできました。F1ドライバーは「公道の方がサーキットより危険」と言います。免許証を持っているとはいえ、お金をもらって運転していないので「素人」が堂々と車を運転しているのが公道です。もちろん危険が多いので法律も罰則もあります。自動車はとても便利な乗り物ですが使い方を間違えると凶器にもなり得ます。 教習所で今も変わらず言われている『かもしれない運転』をご存知でしょうか? 交差点から子供が飛び出してくるかもしれない。前を走っている自転車が曲がるかもしれない。自動車の陰から猫が飛び出してくるかもしれない。あのおばあちゃん交差点じゃないけど渡るかもしれない。バックする仕草に助手席の彼女がキュンとするかもしれない(←なんか違うしキュンとしないw)。 公道にいるたくさんの人の思い、考えを「かもしれない思考」で危険を察知し事故を未然に防ぎましょうという素晴らしい考え方です。


○○とは? マーケティング

飲食店が『味』だけで勝負したら99%失敗するからやめましょう!

photo by  sjs5769 via http://morguefile.com 先日、脳科学マネジメントについて少し学んだので、脳についてもう少し突っ込んでみることにします。えらく大層なテーマを選んでしまったとやや後悔気味ではありますが、そこはなんとか乗り切ってみます! とは言うもののお医者さんではないので本当の脳の仕組みは脳神経外科医や論文を書いている先生の方が何千倍も詳しいです(←当然)が、脳の仕組みを多少なりとも知っておくと「ウチの料理は素材が良いから味が他とは全然違うんだ!」と偏った考えになりにくいのではないかと思っています。


マーケティング

あの雑誌マジ反響ねーわっ!と怒る前に知っておくべき3つの間違い。

photo by  Karpati Gabor ( http://morguefile.com ) ちまたにあふれる様々なメディア。雑誌、フリーペーパー、チラシ、テレビCM、電車やバスの中吊り広告、グルメサイト、駅前看板…などなど。どんなメディアにどんな内容を載せていますか? 雑誌に広告を載せたけど、ちっとも反応がない!あの雑誌はダメだ!今度は別の雑誌に載せるぞ!いやネットだな。待てよ?まだまだテレビCMもいいんじゃないか? なんて話をよく耳にします。でも、ちょっと待ってください。実際は3つの間違いをおかしているだけかもしれませんよ。もう一度チェックして間違ったメディアの使い方をしてないか考えてみてください。 ①そのメディアのユーザーがあなたのお店のターゲットじゃなかった ②ターゲットが求めている情報を出していなかった ③そもそもあなたの店に魅力がない でも、それどうやって判断すんの? 1つずつみていきましょう。


○○とは? マーケティング

『PDCA』という魔法の呪文を唱えて、集客力のスパイラルアップを実現する!

photo by  Alvimann ( http://morguefile.com ) 『PDCAサイクル』ってご存知ですか?私はウェブサイトを制作するようになって知りました。しかも結構最近(汗) (ピーディーシーエー – 、PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4 段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。(Wikipediaより参照) 品質改善のために使われることの多い手法なのですが、集客力をあげるためにも欠かせない行動基準になるのです。飲食店には一年を通してみると様々な行事やイベントなどの集客ポイント(繁忙期)があります。まず手始めに毎年欠かさず行っているコトがあれば、そこからやってみてください。忘年会のPR活動、歓送迎会のPR活動、暑中見舞い、年賀状、新メニューの案内などいろんなことをやっていると思います(やってますよね?)。「結構頑張ってやってるなー」とまずは自分を褒めるところから始めるのがオススメです。笑   で、具体的に何をやればいいの? いろんなPR活動の目的はなんでしょう?お客さんに知ってもらって来店してくれることを願っての投資のはずです。競合が行っているPR活動と全く同じことをしても同じだけ集客できるとは限りません。では実際、PR活動をするときにどんなことを考えますか? やってみた ⇒ うまくいった ⇒ よかった やってみた ⇒ だめだった ⇒ ざんねん これでは、いつまで経っても集客力は上がりません。一か八かの商売ではなく『PDCAサイクル』を理解して、実践してみましょう。特に良かった時の行動は是非分析してみてください。